2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

Dolphin

署名しよう!

Products

エスパスモンプチ

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012.09.25

琉球の瞳~本質の眼~

ミグの瞳は不思議

両目はロシアンブルーの特徴であるエメラルドグリーンなのだけど

フィルターと通すと、時々こんな琉球ガラスみたいな 青と緑のオッドアイになります

Img_1018

海を写し取ったかのような、琉球ガラスのような眼の色ですshine

Img_1019

お気に入りの「広告座布団」さえなければ、きれいな写真になったのになぁ・・・coldsweats01
にゃんこにとっては、広告の新聞だろうと高級座布団だろうと、気持ち良ければ
「そんなの関係ねー!」(古っ)ですかね。

そういえば 全然関係ないけれど・・・

「美味しんぼ」というグルメ漫画に、もてなしの心を取り上げた話があるのですが
そこに「丿貫(へちかん)」という茶人が出てきます。
たった1つの釜で飯も炊けば、茶の湯も沸かしてしまうちょっと変わった茶人です。
歴史上に実際にいた茶人をモデルにしています。

その丿貫さんが言った

「仏心の前では、マツタケもシイタケも松葉ガニも豚のヒキ肉も同じじゃよ。
 高いの安いの言うのは市場の原理じゃろ。 仏の目には皆同じ。」


その言葉に、目からウロコが何枚もボロボロと音を立てて堕ちたことを覚えてます。
考えてみたら、本当にそうですよね。仏様の前では、どんな食べ物だって等しく
ありがたく、そして尊い命なのです。

いつの間にか、ヒトが作り上げた既成概念や風評や流行に憑りつかれて
本質をうっかりと忘れてしまいます。

高ければいいもの、口コミが多いからいいもの、ブームだからいいもの・・・etc

そういうものからはすべて解放されて、いつでも純粋な透き通った心と眼で
本質を見抜く力を持っていたいなぁ・・・と願います。

ミグの広告座布団に、ふと思い出した「本質」の大切さでした。

--

pochitto good

2012.09.16

横顔

横顔が好きです。

ドライブしている時に、運転している人の真剣な横顔とか
ぼんやりしているときの遠くを見ているような横顔とか
すやすやと眠っている横顔とか・・・

なんででしょうね~。
横顔は無防備な感じがするのかな。
ちょっと心の奥が透けて見えそうな感じがするせいでしょうか。

ヒトだけでなく、ネコの横顔も大好きです。

ネコの横顔って本当にきれいだなって思うのです。

種類によって輪郭がさまざまな曲線を描いているのを観察するのも
楽しいし、おひげがキラキラといろんな方向を向いて輝いていたり
眼が透けて見えるようなところも大好きです。

Imgp0308

爪とぎしながら恍惚とした横顔・・・heart

Imgp0306

かと思えば、トラのように精悍な表情だったり・・・

Mugi001_3

信頼しきった無防備な寝顔だったり・・・
同じネコとは思えぬいろんな表情。

Imgp0376_4Img_0903_2

シャボン玉みたいな眼・・・きれい

何を考えているのでしょう?
無の境地・・・(よく言えば)
頭からっぽ・・・(悪く言えば)
かな?coldsweats01

でも

わが家の猫ながら、きれいな横顔だなぁ
って思います。邪気がなくて。

親ばかですにゃ~~heart04

I LOVE YOKOGAO cat

Imgp0315b

--

pochitto good

2012.09.14

iPadとにゃんこ

ロシアンブルーのミグは、床に置いてあるものは、すかさずマイ座布団にしちゃうのですが
iPadは特にお気に入りのようです・・・catface
iPadにつけているカバーがレザーなんですが、その感触がいいのかな?

Img_0988

猫まで充電中のようでございます・・・sleepy

iPadがペット用のホットカーペットに見えてきました(笑)

 

アビシニアンのムギは、iPadの癒し系アプリ「Wa Kingyo - 和金魚 -」が大好き。

ぴちゃんぴちゃんという優しい水音と、ゆらゆらと泳ぐ金魚の動きや、
水面に漂うお花のエサを飽きもせず見つめています。

Img_1001

もう人でいえば爺様なので、ワビサビのわかるお年になってきたのかもしれませんねcat

Img_1005_2

和金魚と猫にいやされる私でありました・・・confident

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

2012.09.11

かわいい三脚

先日、100円ショップでこんなものを見つけました。

Img_0898

とっても小さくてかわいい三脚、長さは13cmといったところでしょうか
折りたたまれている足を延ばしても、20cmくらい。デジカメと一緒に鞄に
スポッと入れてあるける手軽な大きさです。

1_6

あら、デジカメにもぴったり・・・

三脚をつけると、猫の目線で ロックオン

本人(猫)はなにやらどうしてよいかわからない表情が面白いですbleah

では、パチリcameradiamond

2_2

・・・なんか固まった顔になっちゃいましたが、まぁまぁの写真が撮れましたsweat01

視線を低くして撮ることって、意識しないとなかなかしないですよね。
や景色も、小人目線で写真を撮ってみると、
おもいがけず面白いものが撮れるような気がします。

それにしても、やっぱり100均ってすごい。
探してみるとなんでもあるんですね。

最近のお気に入りの100均は「Seria」。
ちょっとおしゃれなグッズや雑貨が置いてあってセンスを感じます。

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

2012.09.08

我が家のシステムトイレ

Img_0724_3かなり長いこと猫トイレジプシーだったのですが、ここのところ、ユニ・チャームのデオトイレがとても気に入ってます。

これの前はニャンとも清潔トイレを使っていたのですが、端っこの決まった位置におしっこをするアビの尿がどうしても、トレイの外に漏れてしまい、下のマットもすぐにビショビショになり、片付けが大変でした。漏れてしまうので、消臭効果も半減・・・。

それでマットの上にペットシーツをひいて使っていたのですが、それでもどうしても漏れてしまうので、システムトイレってこんなものなのかなぁって、諦めていました。

とあるきかっけがあって、デオトイレを使うことになったのですが、期待していなかっただけに、これがもうビックリcatsign01

尿を通す網の部分の面積がシートに比べて、かなり小さいので、尿が漏れることがないんです。

チップも尿を吸収しないので、さらりとして、ふやけることもなく、説明書通り1か月はもちます。(写真はゼオライトタイプですが、いまは緑茶タイプの紙砂を使っています)

シートには「複数ねこ用」なんていうありがたいものがあり、本当に2匹の尿をで6~7日はたっぷりと吸ってくれます。猫の尿量にもよりますが、うちのアビが少し多尿気味なので、それでもこのシートは頑張ってくれてます。捨てる時のシートのずっしりとした重さといったら!

臭いもがっちり押さえこんでくれて、鼻を寄せてもほとんどアンモニア臭がしません。シートには、ほんのりといい香りもついていて、さわやかです。色も白いので尿の色の変化がわかりやすくて良いと思いました。

実は、このシートを切らして、安価なシートを使ったところ、1日~1日半が限界。消臭効果はほとんどなく、換気扇は常につけっぱなし。使用済みのシートは、隣の蓋付きペールに捨てておくのですが、ゴミの日までこのままにしておくと、アンモニア臭がかなりキツくて・・・crying

やっぱり少しお高くても、純正品は高いだけ素晴らしいと思いました~。
noteお値段なりよ~○○○note??

風水でトイレにラベンダーの色を使用すると運気があがるupと聞いたこととが
あったので、ラベンダーを選びました。やさしい色で気に入ってます。

ネコのおトイレって、一緒に生活していくうえで毛の処理と同じで結構悩むところ。
掃除のしやすさ、臭い、コストパフォーマンス・・・いろんな面で、しばらくはデオトイレに
落ち着きそうです。ニャンズたちも、いつもきれいなトイレで満足している様子です。

ちなみに、トイレの傍にある、蓋付きペール、消臭ビーズ、ちりとりつきほうき、トング
これらすべて、100円ショップで買いました。ありがたやありがたや・・・

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

 

2012.09.06

虹の橋

「虹の橋」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

一緒に暮していた動物が亡くなったことを「虹の橋に旅立った」
表現されることを耳にすることが多くなりました。

この詩は、古いインディアンの伝承に基づいているようですが
原作者不明の英語の詩は、欧米のサイトから少しずつ
インターネットで世界中に広まっていったようです。

一緒に暮らしていた動物と別れた経験のある方なら誰でも、
その優しい言葉に心がキュッとしてしまうはずです・・・
そして、温かい涙が流れる・・・そんな「虹の橋」です。

わたしもいつか、たくさんの小鳥や猫たちと一緒に「虹の橋」
渡ることになりそうです。

『虹の橋』 作者不詳
訳詩・朗読・絵:毬谷友子
音楽:リムスキーコルサコフ

 

Rainbow Bridge
"Author Unknown"

Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.

When an animal dies that has been especially close to someone here,
that pet goes to Rainbow Bridge.

There are meadows and hills for all of our special friends
so they can run and play together.

There is plenty of food, water and sunshine and
our friends are warm and comfortable.

All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor;
those who were hurt or maimed are made whole and strong again,
just as we remember them in our dreams of days and times gone by.

The animals are happy and content, except for one small thing:
they each miss someone very special, someone who was left behind.
 

They all run and play together,
but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.
His bright eyes are intent; his eager body begins to quiver.

Suddenly, he breaks from the group, flying over the green grass, faster and faster.
You have been spotted, and when you and your special friend finally meet,
you cling together in joyous reunion, never to be parted again.

The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head,
and you look once more into those trusting eyes,
so long gone from your life, but never absent from your heart.

Then you cross the Rainbow Bridge together...

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らし

 

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »